当院について
当院について
松本医院 > 当院について

院長紹介

院長 松本 英夫
(まつもと ひでお)

メッセージ

「人は自分の身体の声に耳を傾けることが大切である」と感じています。脳は疲労を感じていなくても、身体は休息を求めていることもあります。逆に、身体はgoでも脳がstopの時もあります。脳と身体の円滑なコミュニケーションが健康への礎となります。私は、医師の立場で、そのコミュニケーションの輪に加わり、皆様の健康管理のお手伝いをしていきたいと考えています。

院長 松本 英夫(まつもと ひでお)

略歴

1961年
大阪に生まれる
1987年
関西医科大学卒業、麻酔科入局
(1988年:関西医科大学循環器内科CCU研修)
1992年
松江赤十字病院麻酔科
(1994年より副部長)
1995年
関西医科大学総合医療センター麻酔科
(1999年よりペインクリニック外来医長)
2006年~
松本医院院長

資格

  • 日本麻酔科学会専門医
  • ペインクリニック学会専門医

所属学会

  • 日本麻酔科学会
  • ペインクリニック学会
  • 日本東洋医学会

趣味

  • クラリネット演奏
  • スポーツジムトレーニング

その他

  • スキューバダイビングAOW取得
  • 剛柔流空手道初段

当院の理念

本来、人は、けがや病気を自分で治す力を持っています。
当院は、「人の持つ自己治癒力を助ける」ことを理念とし、薬や神経ブロックなどの医学的治療を、患者さんの自分で治る力を高める目的で使用します。

検査・治療機器、院内設備のご紹介

臨床化学分析装置、全自動血球計数器

採血後数分で、HbA1c、CRP、白血球数、赤血球数、血小板数を測定します。
糖尿病、感染症、貧血の診断・治療が迅速にできます。

臨床化学分析装置、全自動血球計数器

キセノンレーザー照射器

皮下深部の血流を改善します。

キセノンレーザー照射器

富士ドライケム IMMUNO AG1

インフルエンザを早期診断します。

富士ドライケム IMMUNO AG1

医院紹介

松本医院 院内風景

入口

松本医院 院内風景

受付

松本医院 院内風景

待合室

松本医院 院内風景

トイレ

松本医院 院内風景

医院外観

松本医院 院内風景

医院看板

関連リンク