痛みの治療について
痛みの治療について
松本医院 > 痛みの治療について

神経障害性疼痛とは

痛みの神経と触覚の神経は、本来別々の回路で脳に情報を伝えます。ヘルペスウイルスなどで神経が障害を受けると、痛みと触覚の神経が1つになって、脳に伝わり、「触っただけで痛い」という神経障害特有の痛みになります。一旦この回路ができると、痛みと触覚を別々に伝えることが難しくなり、痛みが長引きます。
このような神経障害性疼痛に対して、当院では、神経ブロック、西洋薬(鎮痛補助薬)、漢方薬を使用して治療します。

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹後神経痛

神経障害性疼痛の代表的な疾患が帯状疱疹後神経痛です。

帯状疱疹とは

帯状疱疹は日本人の3人に1人は罹患する、ありふれた病気です。
通常は3~4週間で治癒しますが、50歳以上では、10人に2人の割合で、難治性の帯状疱疹後神経痛に移行します。この原因として、「血流」が関与していると考えられています。痛いと動かすのが辛くなり、ますます血流が悪くなる「悪循環」になります。

帯状疱疹後神経痛の治療

神経ブロック、漢方薬、キセノン光線療法は血流を改善し、「痛みの悪循環」を断ちます。また、神経ブロック、西洋薬(鎮痛補助薬)で痛みを一時的に軽減すると、痛みのために動かせなかった部位が動かしやすくなり、血流が改善します。これらの効果により、痛みが改善し、ますます可動域が広がり、血流が改善し、痛みが軽くなるという「良い循環」となり、ついには薬がいらなくなることを目指しています。

帯状疱疹の予防

帯状疱疹の予防のため、50歳以上の方に水痘ワクチンをお勧めしています。水痘ウイルスは、免疫力が低下した時に帯状疱疹として発症します。ワクチン接種により、抗体価を上昇させて、帯状疱疹にかかりにくくします。

痛みの治療法

神経ブロック

神経ブロック

神経ブロックは、局所麻酔薬を神経のそばに注射して、神経の働きを一時的に中断(ブロック)します。ブロックしている間、障害神経の血流が改善することにより、痛みを治療します。

患者さんの症状や状態に応じたブロックを選択しますので、お気軽にご相談ください。

  • 硬膜外ブロック
    脊髄の一番外の膜である硬膜のさらに外のスペースに局所麻酔薬を注入し、広い範囲をブロックします。
  • 星状神経節ブロック
    頚部の交感神経の集まりである星状神経節をブロックします。顔面、頚部、上肢の血流を改善します。
  • 末梢神経ブロック
    一側の上肢や下肢など末梢の神経をブロックします。腕神経叢ブロック、坐骨神経ブロックなどがあります。
  • トリガーポイント注射
    押さえて痛い部分に、局所麻酔薬を注射します。

神経ブロックの施行後は15~45分の安静が必要ですので、お時間に余裕をもってお越しください。また、血液をサラサラにする薬を飲んでいる人は、適応外となる場合もあります。

西洋薬(鎮痛補助薬)

西洋薬(鎮痛補助薬)

痛みがあると、外出が億劫になったり、痛い部分を動かさなくなります。鎮痛薬で痛みを一時的に弱めると、痛い部分を動かしやすくなり、外出する気分にもなります。そうすると、血流を改善し、さらに痛みが軽くなります。
当院では、一般的な非ステロイド性消炎鎮痛薬だけでなく、痛みを抑える神経の働きを強くする薬を使って、痛みを治療します。

漢方薬

漢方薬

人にはいろいろな体質があります。体がごつい人もいれば、華奢な人、暑がりな人、寒がりな人もいます。東洋医学では、同じ症状でも体質が違えば、違う漢方薬を出します。また、漢方薬はからだ全体をみて処方薬を決めるため、便秘、尿の悩み、腰下肢痛など体の各部位の訴えに対して、一つの漢方薬で解決することがあります。
当院では、西洋医学で治りきれない痛みの治療に漢方薬を使用し、皆様のお役に立ちたいと考えています。また、風邪、更年期障害、説明できない不快感など多くの症状に対応します。

様々な疾患に対して、神経ブロックや西洋薬のほか、健康保険が使える漢方薬も多数揃えています。脈診・舌診・腹診にて、実証・虚証、血気水、五臓を把握し、人それぞれの体質に合わせた処方を用いるので、副作用が少なく、全身の体調を改善します。